院長ブログ

口鼻瘻のワンちゃんの例。 歯のトラブルが続いております。


先日の猫ちゃんに引き続き、お口のトラブルの子が続いております。

今回はシニア年齢のワンちゃんでした。

かな~り前から犬歯の片方がグラついていたのですが、それでも食事を食べることはできていて、時々歯に当たったかな?という際に気にする素振りが見られていたということでした。

歯(または歯茎)が痛んできて歯がグラグラしてきても、結構な割合で動物は食事を摂ることができます。人間であればなかなか考えられないですが💦

素直にポロリと歯が抜けてくれた方が結果的には良いのですが、そこまでグラついてしまってる歯も頑張りすぎて居残ってしまっては困りものです。今回はそんな様子の歯でした。

KIMG0502.JPG

これが今回の治療の目標となった犬歯です。長期のダメージで、歯茎が退縮しています。この段階でもグラグラと揺れるのですが、でも簡単には抜けてくれませんでした。

KIMG0506.JPG

抜歯した部分を洗浄すると、予想していましたが右の鼻の穴から洗浄液が出てきてしまっています。口と鼻が連絡してしまう、口鼻瘻になっていました。

KIMG0508.JPG

抜歯した部分は歯茎の退縮が大きかったので、頬側の粘膜を一部切開して引っ張ってきて縫合しています。

KIMG0499.JPG

これは反対側の様子です。歯石は付着していますが、触ったところ揺れてしまうような歯はありません。

しかし、下側の歯の一部に歯周ポケットが深いところがありました。どの歯かわかりますか?

FreshPaint-38-2018.06.05-03.39.40.png

同じ部分のレントゲン写真です。歯の根元部分が、他と比べて隙間ができています。

この部分はいずれ歯のトラブルを引き起こす事となる為、今回抜歯しました。

KIMG0510.JPG

表からは見えない部分にも汚れが付着していますね。

今回は顔が腫れたり、鼻血・鼻水・くしゃみが続くといった症状は特になく、口臭と以前から問題だった犬歯でのご相談でしたが、検査・処置をすることで別の問題点もみつかりました。

何らかの症状が出てきてしまう前に、もしも口臭や歯石で気になってきた際は、一度ご相談下さい。



慢性鼻炎のネコちゃんの例 (口鼻瘻)


最近、歯の疾患でのご来院が増えております。

以前から歯石は気になっていたけども...

口臭が近頃強くなった気がして...

というご相談から歯を診させていただくと、見えにくい奥歯に歯石が多く付着しているというケースが数多くあります。

今回は、1か月ほど前から粘稠性の鼻水がずっと続いている猫ちゃんが来院されました。くしゃみも度々しており、時に鼻水に血が混じる事もあったそうです。鼻詰まりで息苦しい為、食欲も普段の半分ほどに落ち込んでしまっていました。

KIMG0475.JPG

診察を進めていくと、口臭と涎が多く見られ、口の中を覗いてみると歯石の付着・歯肉炎が重度に見られました。鼻水が出ている右上側の歯の炎症は強く、この歯が原因と考えられました。

各種検査を実施し、翌日に麻酔下にて歯の処置を行いました。

KIMG0477.JPG

☝左側   ☟右側

KIMG0480.JPG

歯石を除去していくと、ほとんどの歯は歯茎が傷んでしまっており残存するのが困難な状況だった為に幾本は抜歯を行いました。

KIMG0483.JPG

処置途中の様子ですが、鼻水が出ていた右側の鼻の穴が濡れています。これは歯を抜いた後の穴を洗浄すると、その水と血液が鼻に抜けて漏れてきてしまっています。つまり、口と鼻の部分に穴が空いて連絡してしまっていたという事です。

KIMG0487.JPG

今回の処置で抜歯した歯ですが、多くが根本にまで歯石が付いています。

KIMG0484.JPG

術後は、数日は違和感が残ってくしゃみや少量の鼻血がでるかもしれませんが、鼻水・鼻詰まりが解消して、ごはんもきっと食べやすくなることでしょう。

治りにくい慢性鼻炎は歯が原因だったという事は割と多いです。勿論、鼻そのもののトラブルのケースもありますが、気になる際は早めに受診してあげてくださいね。



当院取り扱いの各種フィラリア等予防薬のご案内


今年の当院でのフィラリア予防薬とノミ・マダニ予防薬には、これからご紹介する下記のものをご案内しております。

どのタイプを使うかは飼い主様と、ワンちゃん・ネコちゃんにお選びいただけるようにしております。

それぞれのお薬には投薬にあたっての利点・欠点がそれぞれあります。

しっかりと予防ができるように確実に投薬できる形のものをお選び下さい。

(とはいってもワンちゃんネコちゃん、巧みに避けたり、気まぐれで食べなかったりはあるかもしれませんが💦)

フィラリアの予防薬投与期間は5月~12月までとなります。

蚊の発生時期よりも一月ほど遅く投薬が開始し、蚊の終息よりもおよそ一月遅くまで投薬が続きます。『蚊がいなくなったので予防終了!!』...ではありませんので、ご注意下さい。

フィラリア予防薬のご案内前に必ず血液検査が必要となります。通年予防をされている方はサービスにて検査を実施させて頂きます。

5月末まで、5~11月までの7回分をまとめてご購入いただいた方に限りまして12月分のお薬は当院からサービスでお付けさせて頂いております。どうぞこの機会にお求め頂ければと存じます。

スライド2.JPG

スライド3.JPG

スライド4.JPG

以上がフィラリア予防薬のご案内になります。本年より注射タイプの予防薬もご用意致しましたが、こちらは5月末までの処方となりますのでご希望の方はお早めにご来院下さい。

では続きましてノミ・マダニ予防薬のご紹介となります。

こちらには下記2点のご案内となります。

スライド1.JPG

ノミ・マダニ予防でスタンダードな形の滴下タイプと、ワンちゃん専用となりますがオヤツタイプのものがございます。当院に取り扱いのないノミ・マダニ予防薬(錠剤型)は取り寄せでのご案内となりますが、1箱単位(6回分)でのご購入となりますのでご了承下さい。

その他予防薬に関するご質問がございましたら当院へご相談下さい。



今回はホテル利用いただいてる子達のお写真です


先日したとある会話で、私達が小学生の頃は4月の始業式の時には桜が咲いていたと記憶してましたが、今は春休み中に桜が咲いて始業式の頃には散ってしまっていますよね、という話をしました。言われて思い返せば確かにその通りで、実際に当時の写真には桜が写っています。温暖化の影響で早まったからなのでしょうか。スギ花粉の量も毎年多くなる一方ですし...これは温暖化とは関係ないですかね?💦

今回は4月になってホテルを利用して頂いてる子達のお写真です。

KIMG0383.JPG

糖尿病闘病中のすずちゃん、今回はお泊りで来てくれました。いつも病院に来るときは検査の日なので、初日は緊張した様子でしたが2日目からは少し安心したのか、私が前にいっても耳が伏せなくなりました。良かった💦

KIMG0394.JPG

オッドアイが素敵なゆきちゃん。お泊り中のオシッコ検査&超音波検査実施後の為、少しばかりムスッとしてる...のかな?お部屋に戻った後はすりすりごろごろでいつものゆきちゃんに早戻り。

KIMG0385.JPG

元気一杯のももちゃん。看護師さんを振り切ってカメラに向かって前進!!の図です。お散歩の時間にはやはり「前進!!」で小さいながらに力強く我々を引っ張っていきました。

KIMG0420.JPG

もっふもふのタローちゃん。散歩中の姿はもふもふ毛玉が歩いているようで、通り過ぎる人の視線を釘付けにしています。お食事はたまにストライキ起こしたり、諦めて食べたりです💦

お泊りの際に健康診断や各種検査なども行う事ができますので、ご希望の際は申し付け下さい。



桜満開!! そして各種予防も本格化です!


寒い寒いという気候から、一足飛びに初夏を感じさせるような気温にまで上昇したことで桜の花もいつ咲こうかというタイミングをずらされてしまったかもしれません。しかし暖かい陽気が続いたことで、桜の花は見事に満開となりましたね。今週末までが見頃のピークとのことでしたので、各所お花見スポットにお出かけされた方も多い事でしょう。

当院の目の前からも桜の木が見えて、こちらも良い眺めとなっています。

KIMG0380.JPG

桜満開も当然ながら綺麗で好きなのですが、個人的には少し緑の葉が出て来てピンクと緑が混じり合っている頃の方が好みですね。

本日で3月もおしまいとなり、明日からは新年度がスタートです。

動物病院ではノミ・マダニ予防も本格開始となり、また狂犬病の予防接種も始まってまいります。

狂犬病予防接種につきましては常時可能です。また町田市にお住いの方は行政手続きの代行(新規・継続両方とも)が可能ですので、当院へお問い合わせ下さい。町田市から郵送されたおハガキをご持参いただくと、手続きが簡便となりますのでお忘れないようにお願い致します。

ノミ・マダニ予防につきましては、既にマダニの活動・吸血が確認されております。お散歩で草むらなどに足を踏み入れたり、お出かけをする場合には必ず予防をするようにしましょう!!

予防薬はスポットタイプ、オヤツタイプとありますのでお選び下さい。

フィラリア予防は5月からとなりますが、お薬のご案内前に必ず血液検査が必要となります。5月以降は検査までお時間を要する場合もございますので、4月中の検査実施・お薬の処方をお勧め致します。



アクセス

鶴川街道、「市立博物館入口」信号近く

うぇる動物病院

Pあり

病院敷地内に3台駐車スペースがございます。
駐車場内でのトラブルは責任を負いかねますのでご了承の上ご利用ください。

うぇる動物病院駐車場