院長ブログ

肢端に発生した悪性腫瘍の例


今回は、肢の指に発生した腫瘍の一例になります。

数日前から左前肢の跛行の症状が見られていたとの事で来院されました。

診察をすると、左前肢の小指の先端が著しく腫れています。腫れているので、この足を地面にぐっと負重をかけると痛くなってしまっていたのです。

指先の腫れには爪のケガからの感染や皮膚炎などからの化膿も多いですが、今回のケースでは外見上の第一印象から何となく悪い予感がしていました。

レントゲンを撮ると

1.png

小指の部分が腫れているのがお分かりいただけるかと思いますが、問題はその部分にある指の骨が融けてしまっている事です。爪を支える骨は既に無くなってしまっています。

2.png

こちらは反対側、正常な右側となります。比べると骨が融けてしまっているのがわかります。

レントゲン結果から悪性腫瘍によるものと判断し、幸い他の指にはまだ影響が及んでいないと考えられましたので早期の外科的な介入を相談させて頂きました。外科的な介入といいましても、その方法は問題となっている指を切除する手術です。有るものが無くなってしまうという事はなかなか決断がしにくい事だと思われますが、放っておくと更に拡大あるいは遠隔転移してしまう恐れもあります。

この日は手術の決定には至らず、飼い主様にはしばしお考え頂く事になりました。

後日、手術の実施を決断していただき、問題の小指の切除を行いました。

3.png

上は手術当日のレントゲンです。最初の撮影から約10日程経過していますが、骨の融解が進行しています。

KIMG0936.JPG

手術にて、小指を腫瘍ごと切除して縫合しました。

ワンちゃんの足の指は、親指を除いて、4本の指の中央2本が主に体重を支える指(中指と薬指に該当)となります。今回は小指となりますので著しい歩行障害にはならないですが、それでもしばらくの間は歩行に違和感は見られてしまうでしょう。

今回の腫瘍は、犬で指先に発生しやすい悪性腫瘍の扁平上皮癌でした。当初からこちらの腫瘍を疑っていましたが、検査結果からは扁平上皮癌の他に悪性黒色腫も存在していました。手術マージンは確保されており、術前検査で遠隔転移の所見も見られませんでしたが、今後も転移・再発に対する経過観察は必須となります。



見た目はそんなに、でも実は...?な歯の症例


今回の例は、歯石除去を行ったワンちゃんです。

外観上の歯石の量は、部分的に多い箇所はあっても口全体としてみた場合は「少な目」と評価される程度でした。

お口の臭いは多少はありますが、強く感じる程度でもありません。

飼い主様が気になる点としては、「以前に比べて固い物を噛まなくなった」「口の辺りを触るのを嫌がる」という事がありました。

年齢は中高齢であり、口とは別件で麻酔をかけなければならない事があった為、ならば一緒にお口の掃除もしましょうということで処置を行いました。

事前の麻酔前検査に問題はみられませんでしたので、処置当日は麻酔に備えての準備をし、いざ実施。

麻酔がかかったところで口を大きく開けて中をチェックし、レントゲン撮影を行います。

部分的に歯石が多く付着している歯がここでした。

KIMG0921-1.jpg

上側の第4前臼歯という歯ですが、この歯は汚れが付着しやすく、トラブルを起こしやすい歯です。歯茎も赤く腫れていますね。

KIMG0922-1.jpg

反対側の歯も、同じ部分の歯が同じような状態でした。

レントゲンを撮ってみると・・・

左上第4前臼歯.png(左)右上第4前臼歯.png(右)

KIMG0924-1.jpg(左の歯の内側)

固い物を噛まなくなった原因は、この二つの歯が割れて痛みを感じていたからでした。

割れてしまった部分から汚れ、細菌の増殖が起こり、歯肉炎や歯石の付着を招いていたことになります。他の歯の歯石の付着がさほど多量でないにも関わらずこの歯だけ多かった理由はこういうことになります。

固いオモチャを噛むのが好きということでしたので、思い切り力を入れて噛んでいる内に圧力に負けてしまい、割れてしまったのでしょう。残念ながら割れてしまい歯髄に損傷が見られた今回の歯は両側とも抜歯する事になりました。

歯のお掃除や、ストレス緩和を目的として様々な「噛み噛みアイテム」があります。デンタルガムは代表例ですが、その材質も食べれる物(牛皮や、成型したものなど)でしたり、木材、硬質ゴムなど様々です。噛ませるデンタルケアは、物理的に歯の表面に接触する事で汚れを除去し、歯石の付着を防ぎます。素材によっては、細菌の繁殖を抑えたり口臭を抑える成分なども含まれているものもあります(当院でご紹介させていただくデンタルガムはこういったタイプです)。

噛ませるデンタルケアならばどれでもよいという事ではなく、体格(口の大きさ)、噛む頻度、噛む力などを考慮しなければなりません。例えば、小型犬の子に大型犬用のデンタルガムは大きすぎますし、その逆は小さすぎて丸飲みしてしまう恐れがあります。適切な大きさでも、食べられるタイプのものであれば噛んでいると次第に小さくなってきますので、丸飲みしてしまわないように小さくなってきたら勿体ないかもしれませんが新しいものに取り換えるという対応も必要になります。

やたらと噛むのが大好きな子で、かなりの力加減で噛んでいる子には固すぎるタイプの噛みアイテムは不向きです。個人的な見解になりますが、蹄や牛骨、硬質プラスチックなどのアイテムは害はあっても利は無しと思っております。

デンタルケアも含めて、噛み噛みアイテムを使用する際にはワンちゃんそれぞれに適するタイプ、大きさのものを選択していただきたいと思います。



🐭明けましておめでとうございます🐭


🎍新年あけましておめでとうございます🎍

昨年は皆様に大変お世話になりました。

心より、感謝申し上げます。

本年も、どうぞ宜しくお願い致します。

KIMG0901.JPG

さて、今年の冬は暖冬で各所で雪不足によるニュースが見られます。夜~明け方の冷え込みが強くはなってきましたが、例年と比較するとまだ緩やかだなと実感します。待合室のガラスが大きい当院ではそれなりに冷え込んでしまいますが...😓

暖冬の時はこのまま雪が降らずに春を迎えるか、2月頃に一気に気温が下がってドカ雪になるかのどちらかになるのでしょうか。雪が降れば子供達は大喜び、大人は色々とゲンナリです。雪遊びで何時間も外で遊び回っていた子供時代を「何で昔はあんなことができたのかなぁ」と懐古しながら、ストーブの前で正座して過ごすぐらいに齢は重なってまいりました。昨年は体調不良で臨時休診を頂くなどがありましたが、今年は私自身も健康に気を付けながら過ごすようにしないといけません。(お恥ずかしながらそれでも体調崩した際は、そっと"お察し"してくださるとありがたいです)

動物も飼い主様も含め皆様が、今年一年元気に過ごせます事をお祈り申し上げます。



抜歯が好きです♪、という事は全くないです😓


涼しくなったと思って薄手の長袖を着た翌日にはTシャツ1枚でも汗をかく...そんな気温のアップダウンが続いていますが、ようやく秋めいた気候になる・・・ようですね、天気予報ではそう言っていました💦。

昔と異なり、現代の天気予報の精度は高いのでしょうがイレギュラー要素(ゲリラ豪雨やら、世界的な温暖化による気象変動)が強くなってきて、予報が難しくなってきてるのでしょうね。

気温変化も含めての季節の変わり目は胃腸器症状が増えることが多くなります。お腹を冷やしてしまうという点もありますが、気温変化に体がうまく馴染めずにストレスになってというケースが多いのでしょう。

さて、現在病院では秋の健診キャンペーンを実施中です。11月末までのキャンペーンとなりますので、是非ご利用ください。

健診をされた特にワンちゃんの多くには、歯周病・歯石の付着が高頻度に見られます。ここ最近の当院の歯の処置でも、歯石除去だけでは対処できずに抜歯、それも結構な本数をせざるを得ない例が何件が続いています。

KIMG0793.JPG

このワンちゃんは2年前に一度当院で歯の処置をしております。その時にはほぼ全ての奥歯を抜歯せざるをえない状態でした。(写真の上下の奥歯がないのがおわかりただけると思います。)

このワンちゃんはデンタルケアの有無に関わらず、口腔内の環境そのものが歯周病になり易い要因となっているようです。人で言えば「虫歯になり易い体質」というところでしょうか。シニア年齢ではありますが、お年を大分召しているという年齢ではありませんが、歯の状態はかなりダメージを負っていました。犬歯には歯石と汚れが付着しています。

KIMG0798.JPG

犬歯を抜歯したところです。犬歯を抜歯する際は通常は歯茎を切開して歯槽骨というものを削ってから抜歯するのですが、そういった処置をしなくても抜けてしまうほどに痛んでしまっていました。ぽっかりと穴が空いてしまっており、この穴は鼻と繋がってしまっています。また白く膿のような汚れも洗浄すると沢山排出されてきました。

KIMG0803.JPG

抜歯した穴は、歯茎の粘膜が欠損していた為に上唇の裏側からの粘膜を蓋代わりとして縫合しました。

また次は別のワンちゃんです。このワンちゃんはご高齢な子で、くしゃみがひどいとの主訴でご来院されました。

KIMG0776.JPG

このワンちゃんも奥歯、そして犬歯もかなり痛んでしまっていました。レントゲンを撮ると歯を支える骨が溶けて薄くなってきていましたので抜歯は避けられない状態でした。

KIMG0788.JPG

奥歯は全て、そして犬歯も両側の上は抜歯しました。やはりくしゃみの原因となっていた為に、鼻と口の部分が繋がっていました。洗浄するとびっくりするくらいの汚れが...💦長年蓄積したものが取れてスッキリしたなら何よりです。

なかなか歯磨きは難しい点もあります。歯石取りは麻酔が不可欠な為に、飼い主様が二の足を踏まれるのもお気持ちはわかります。しかし、実際のデンタルケア、特に歯石除去に関しては歯周病が進行してから行うものではなく、ひどくならないように予防的に行う事こそが重要です。汚れの程度や年齢等によって実施の推奨は変わりますが、少なくとも「これはやってあげた方がいいですよ」と私が飼い主様にお話しさせてもらった時は、"予防歯科"ではなく"治療歯科"の領域に入ってしまっていると考えていただければと思います(;^_^A



慢性下痢の厄介者は、やはり厄介極まれり


以前にもお話しさせていただきました「厄介なお腹の寄生虫、猫トリコモナス」ですが...本当に厄介です😢

トリコ~1.JPG「こんにちは、再び登場の厄介者です」

今現在この厄介者に悩まされているのは、10か月齢の猫ちゃんです。3か月半齢でショップさんから飼い主様の元へ来た子です。

この子はお家に迎えた当初から軟便~下痢が続いているとの事で、自宅に迎えてから2週間後に当院を受診されました。

子猫ちゃん...元気食欲はあり...頻回便...粘液便もある...臭いが強い...ショップさんから迎えた当初から...

お話を伺っている最中からチラッチラッと脳裏に浮かぶ厄介者の影が。糞便検査を主として診察を進めていくと...

やっぱり出ちゃいました、トリコモナス😢しかもこの時はジアルジアという別の寄生虫も認められました。

以前は子猫の寄生虫といえば回虫やコクシジウムという寄生虫に遭遇する機会がほとんどでしたが、最近はトリコモナスやジアルジアなどの便検査では検出しにくい寄生虫によるものが多いです。残念なことに、その大半がペットショップさんから購入された1か月以内に検出されてしまいます。感染力が強く、また検査による検出率も低い為に対応が後手に回ってしまう事も原因の一つと思われます。

この猫ちゃんは来院時に『疑いようがないくらい沢山いる』という顕微鏡結果でしたので、投薬治療が始まりました。

苦くて有名(?)なメトロニダゾールの服用により一度は症状が改善、院内検査ではトリコモナスが検出されなくなった為投薬を休止して、消毒などを継続的に注意して行っていただくよう飼い主様にお伝えしました。

それから約3週間後...再び軟便と頻回便との事で来院。調べると再び『疑いようがないくらい沢山いる』厄介者。

この日以降、本日に至るまでまだ厄介者との戦いは続いています。メトロニダゾールからチニダゾールに変更して投薬をしますが、投薬によって姿を消すのですが、症状は完治はせず、そしてまたしばらく後に姿を現します。

便の遺伝子検査も行いましたが、検査を実施した時にはトリコモナスは陰性で、クリプトスポリジウムという寄生虫が陽性となってしまっていたのでこちらの治療も行いましたが、やはり改善は乏しく。

食事療法、サプリメント、環境整備など色々と試していますが下痢は続き...最近の検査ではこのような状態でした。

トリコモナス.mp4

画質が悪いのはご容赦ください。顕微鏡で便を見ている様子ですが、ひらひらと動くあるいは集団でうごめいているのがトリコモナスです。

ご家庭内に同居の猫ちゃんがいるので、この子達との間で感染サイクルを作ってしまっている可能性は十分にあります。生活環境を当面の間は完全隔離、使用するアイテム(食器、トイレ、タオル)は共有せずに、ひたすら消毒して...そういった事が徹底できれば良いですが、実際にはそうもいかない点もあります。だからこそ長引いてしまっている点もあります。寄生虫感染以外の慢性下痢の原因(食物アレルギー等)も考えてはいますが、決め手に欠けています。

継続して寄生虫対策は行っていきますが、今後は別の検査アプローチも検討していきます。



アクセス

鶴川街道、「市立博物館入口」信号近く

うぇる動物病院

Pあり

病院敷地内に3台駐車スペースがございます。
駐車場内でのトラブルは責任を負いかねますのでご了承の上ご利用ください。

うぇる動物病院駐車場