院長ブログ

『予防的歯科処置』を活用しましょう🐶


史上最強と言われた台風は、東日本方面には直接的な被害は少なかったですが、九州地方には深刻な被害がありました。

今後も台風の季節は続き、去年同様に大型で勢力が強く発達する状況ですので、引き続き備えをしていかないといけませんね。

ここ最近は当院では歯科処置が続いております。単純な歯石除去・清掃のケースは少なく、歯石除去のみならず抜歯を必要とする重度の歯周病が大半を占めます。歯科処置には麻酔をかける必要がありますので、その点で飼い主様が「予防的歯科処置」の実施に不安を抱いてしまう点もありますし、理解できます。ただ、麻酔への不安・心配は皆様お持ちになられますが、歯周病の不安については軽視されてしまっている傾向も否めません。

某歯みがき粉のTVCMでもご覧になった事があると思いますが、「歯周病は全身疾患です」というフレーズは正にその通りです。歯周病菌が血行にのって遠くの臓器(例:腎臓や心臓などなど)に悪影響を及ぼすケースは数多くあります。

勿論、歯と口のトラブルそのもので食事がうまく食べれなかったり、痛みを伴ってしまったり出血したりと、動物にとって非常に不快な事も多くあります。

『歯周病がひどくなったから処置をしよう』という前に、『歯周病がひどくなる前に歯をキレイにしておこう』という意識を、少なからずお持ち頂ければ幸いです。

ケース➀ 推定8歳前後の元保護犬のワンちゃん。かなり重度の歯周病の為、残存していた全ての歯を抜歯する必要がありました。処置後は食事も問題なく食べて過ごしてくれています。

スライド3.JPG

ケース➁13歳の猫ちゃん。以前より歯肉口内炎にて内科的に治療を行ったりしていましたが改善はなく、痛みが見られるようになってきたために抜歯と歯石除去を実施。スライド2.JPG

ケース➂12歳のダックスちゃん。ダックスは歯周病になり易く、そして重症になってしまう傾向が最も高い犬種です(当院では)。奥歯に関しては抜歯せざるを得ない事が多く、また犬歯も歯茎の隙間が多く、鼻腔と穴が空いて繋がってしまい、抜歯が不可避な例も多々遭遇します。

スライド1.JPG

直近のケースの子では、いずれも抜歯と縫合等の処置が必要でした。できるならば歯を温存したいのは飼い主様も当院も同じですが、それが適わないのが現状多い為、普段からのデンタルケアと、重症化してしまう前の予防的な歯科処置の実施を推奨いたします。

予防的歯科処置(歯石除去、歯面研磨、歯周ポケットの清掃等)の実施前には、年齢・状態に適した術前検査を行う必要がありますので、必ず事前に受診をお願い致します🐱



毛玉による腸閉塞の猫ちゃんの一例


動物には換毛期があります。大雑把に表現すれば、夏前と冬前に顕著に換毛が見られます。

我々もタンスの衣類の衣替えを行うのと同様に、動物達も毛皮を刷新してその季節にあうように調節をします。

年がら年中換毛期!!と思うほどに沢山毛が抜ける子も勿論いますが、多くの子は上記の季節に抜ける量が増えるでしょう。

特に猫ちゃんは毛づくろいを自分ですることから、毛を飲み込んで毛玉となる事が多くあります。よく毛玉をゲェッと吐いていたり、便に多くの毛が混じって固くなったり、毛で繋がってなかなか切れが悪い便があってお尻にくっつけたままだったりと、いずれかの光景を目撃されている猫ちゃんの飼い主様は多いと思います。

印象としましては例年GW頃から6月いっぱい頃まで、換毛に伴う毛玉などでの胃腸器症状、食欲不振などで来院される猫ちゃんが多いと感じます。

今回のケースの子は、そんな毛玉に悩まされてしまった症状の中でも「運が悪い」と表現されてしまうような例でした。

2歳の短毛~普通毛の猫ちゃんですが、食欲不振を主として来院されました。その他にも頻回ではないですが、まとまった量を吐き戻すことが時折見られる症状も同時期に見られているとのことです。普段より毛繕いをよくする子でしたので、時期もあって毛玉による胃腸のトラブルかという事で治療を開始しますが、単純な毛玉による胃腸バランスの悪化ではなく、毛玉がガッチガチの石のようになってしまい、腸の一部を閉塞してしまっていました。

KIMG1225-1.jpg

赤く囲った部分に異物が存在していました。幸いにも腸の壊死などは認められなかった為、大掛かりな手術にならずに済みました。

KIMG1229.JPG

摘出された異物です。大きさは2.5cm程です。そしてこれが何だったかというと、毛と便が混じり合ったものでした。ただ、その固さは石のようでした。このような便はほとんどは通常の便として排出されますが、今回のケースでは『運悪く』引っかかってしまった、ということです。

普段から毛繕いをよくして、便に毛が多く混じる子や毛玉を吐く回数が多い子は、毛玉を排出させやすくするような食事であったりサプリメントを日常的に使用していただき、毛玉による閉塞のリスクを低減させることが大切です。猫草を食べさせて吐かせるという方法もありますが、個人的には推奨いたしません。

換毛期でよく毛繕いするor毛がよく抜ける子で、食欲がいまいちだったり便通がなかったり、便が固かったりする場合は、一度ご相談下さい。



帝王切開を実施した一例


今回は、先日に帝王切開を実施した例となります。

繁殖をされている方がお連れいただいたトイプードルの子ですが、過去に3回の妊娠を経験しており、そのいずれもが帝王切開による出産だったようです。毎回妊娠するのは1頭のみだったようで、お腹の子が大きくなりすぎて自然分娩はできなかったようです。

今回連れてきたもらった当初は妊娠診断でしたが、今回も1頭のみの妊娠でした。

過去の履歴から、通常の出産予定日を考慮して、計画的帝王切開を実施する事にしました。

幸いにも帝王切開予定日当日に母犬の体温が低下する、出産前の兆候がちょうど見られた為にタイミングとしてはバッチリでした。

手術準備をして、母犬の負担が少ないよう直前までは自宅で待機しててもらい、準備ができたら来院していただいて即座に手術前検査と処置を行います。

1.png

手術前のレントゲンでは、お腹の子は事前検査通りに1頭のみです。

2.png

骨盤の大きさと胎子の頭の大きさを測定すると、やはり自然分娩は不可能でした。

通常の手術と同様の麻酔ではお腹の中の子が眠ってしまい覚醒が悪くなってしまう為、異なる麻酔の組み合わせで手術を行います。

既に数回の帝王切開を実施している子でしたので、子宮には複数個所の過去の手術後の治癒過程で生じた癒着の痕跡が多数見られ、それらを少しずつ剥離しながら子宮を腹腔外へ引っ張り出し、胎仔を摘出しました。

KIMG0950.JPG

摘出後はスタッフに胎仔を預け、自分で呼吸ができるようになるまで温め、酸素補給し、刺激を与えて自発を促します。「うみゃー」と声上げたら一先ずは安心。写真は産声を上げた後の子犬の様子です。(母犬はまだこの時は別室で手術中)

手術が終わり、母犬が麻酔から無事にさめたところで子犬のチェックです。

今回誕生したこの子には、先天性二次口蓋裂が認められました。口蓋裂とは、口の中の上あごに隙間がある為に鼻と口が連絡してしまう奇形の事です。この障害があると、うまく哺乳する事ができないために成長不良や誤嚥性肺炎を起こしてしまう事が多く、通常の飼育では生存が困難です。チューブを使って直接ミルクを投与するなどのお世話をしてあげないと早期に亡くなってしまいます。隙間を塞ぐ手術はある程度大きくなってからでないとできない為、その月齢まで頑張って欲しいと願います。

来院から手術、母犬が覚醒してからしばらく様子を見て、その後帰宅して自宅で様子を見てもらう事になります。病院滞在時間は約3時間の出来事でした。



肢端に発生した悪性腫瘍の例


今回は、肢の指に発生した腫瘍の一例になります。

数日前から左前肢の跛行の症状が見られていたとの事で来院されました。

診察をすると、左前肢の小指の先端が著しく腫れています。腫れているので、この足を地面にぐっと負重をかけると痛くなってしまっていたのです。

指先の腫れには爪のケガからの感染や皮膚炎などからの化膿も多いですが、今回のケースでは外見上の第一印象から何となく悪い予感がしていました。

レントゲンを撮ると

1.png

小指の部分が腫れているのがお分かりいただけるかと思いますが、問題はその部分にある指の骨が融けてしまっている事です。爪を支える骨は既に無くなってしまっています。

2.png

こちらは反対側、正常な右側となります。比べると骨が融けてしまっているのがわかります。

レントゲン結果から悪性腫瘍によるものと判断し、幸い他の指にはまだ影響が及んでいないと考えられましたので早期の外科的な介入を相談させて頂きました。外科的な介入といいましても、その方法は問題となっている指を切除する手術です。有るものが無くなってしまうという事はなかなか決断がしにくい事だと思われますが、放っておくと更に拡大あるいは遠隔転移してしまう恐れもあります。

この日は手術の決定には至らず、飼い主様にはしばしお考え頂く事になりました。

後日、手術の実施を決断していただき、問題の小指の切除を行いました。

3.png

上は手術当日のレントゲンです。最初の撮影から約10日程経過していますが、骨の融解が進行しています。

KIMG0936.JPG

手術にて、小指を腫瘍ごと切除して縫合しました。

ワンちゃんの足の指は、親指を除いて、4本の指の中央2本が主に体重を支える指(中指と薬指に該当)となります。今回は小指となりますので著しい歩行障害にはならないですが、それでもしばらくの間は歩行に違和感は見られてしまうでしょう。

今回の腫瘍は、犬で指先に発生しやすい悪性腫瘍の扁平上皮癌でした。当初からこちらの腫瘍を疑っていましたが、検査結果からは扁平上皮癌の他に悪性黒色腫も存在していました。手術マージンは確保されており、術前検査で遠隔転移の所見も見られませんでしたが、今後も転移・再発に対する経過観察は必須となります。



見た目はそんなに、でも実は...?な歯の症例


今回の例は、歯石除去を行ったワンちゃんです。

外観上の歯石の量は、部分的に多い箇所はあっても口全体としてみた場合は「少な目」と評価される程度でした。

お口の臭いは多少はありますが、強く感じる程度でもありません。

飼い主様が気になる点としては、「以前に比べて固い物を噛まなくなった」「口の辺りを触るのを嫌がる」という事がありました。

年齢は中高齢であり、口とは別件で麻酔をかけなければならない事があった為、ならば一緒にお口の掃除もしましょうということで処置を行いました。

事前の麻酔前検査に問題はみられませんでしたので、処置当日は麻酔に備えての準備をし、いざ実施。

麻酔がかかったところで口を大きく開けて中をチェックし、レントゲン撮影を行います。

部分的に歯石が多く付着している歯がここでした。

KIMG0921-1.jpg

上側の第4前臼歯という歯ですが、この歯は汚れが付着しやすく、トラブルを起こしやすい歯です。歯茎も赤く腫れていますね。

KIMG0922-1.jpg

反対側の歯も、同じ部分の歯が同じような状態でした。

レントゲンを撮ってみると・・・

左上第4前臼歯.png(左)右上第4前臼歯.png(右)

KIMG0924-1.jpg(左の歯の内側)

固い物を噛まなくなった原因は、この二つの歯が割れて痛みを感じていたからでした。

割れてしまった部分から汚れ、細菌の増殖が起こり、歯肉炎や歯石の付着を招いていたことになります。他の歯の歯石の付着がさほど多量でないにも関わらずこの歯だけ多かった理由はこういうことになります。

固いオモチャを噛むのが好きということでしたので、思い切り力を入れて噛んでいる内に圧力に負けてしまい、割れてしまったのでしょう。残念ながら割れてしまい歯髄に損傷が見られた今回の歯は両側とも抜歯する事になりました。

歯のお掃除や、ストレス緩和を目的として様々な「噛み噛みアイテム」があります。デンタルガムは代表例ですが、その材質も食べれる物(牛皮や、成型したものなど)でしたり、木材、硬質ゴムなど様々です。噛ませるデンタルケアは、物理的に歯の表面に接触する事で汚れを除去し、歯石の付着を防ぎます。素材によっては、細菌の繁殖を抑えたり口臭を抑える成分なども含まれているものもあります(当院でご紹介させていただくデンタルガムはこういったタイプです)。

噛ませるデンタルケアならばどれでもよいという事ではなく、体格(口の大きさ)、噛む頻度、噛む力などを考慮しなければなりません。例えば、小型犬の子に大型犬用のデンタルガムは大きすぎますし、その逆は小さすぎて丸飲みしてしまう恐れがあります。適切な大きさでも、食べられるタイプのものであれば噛んでいると次第に小さくなってきますので、丸飲みしてしまわないように小さくなってきたら勿体ないかもしれませんが新しいものに取り換えるという対応も必要になります。

やたらと噛むのが大好きな子で、かなりの力加減で噛んでいる子には固すぎるタイプの噛みアイテムは不向きです。個人的な見解になりますが、蹄や牛骨、硬質プラスチックなどのアイテムは害はあっても利は無しと思っております。

デンタルケアも含めて、噛み噛みアイテムを使用する際にはワンちゃんそれぞれに適するタイプ、大きさのものを選択していただきたいと思います。



アクセス

鶴川街道、「市立博物館入口」信号近く

うぇる動物病院

Pあり

病院敷地内に3台駐車スペースがございます。
駐車場内でのトラブルは責任を負いかねますのでご了承の上ご利用ください。

うぇる動物病院駐車場