院長ブログ

夏場は皮膚のトラブル多発な季節です


今年は長梅雨の影響で、例年以上にジメジメ感が強いですね。

昨年は梅雨が極端に短く猛暑日が続きましたが、今年は冷夏といっていい気温ですね。今週末くらいに梅雨明けの兆しが見えてくるといいのですが...

夏は気温と湿度の影響で、皮膚病が多発する時期です。動物病院に来院される患者さんの半数以上が皮膚病関連を占めるようになってきます。皮膚病といっても勿論内容は様々です。アレルギー(食べ物・環境)症状、寄生虫の感染、細菌の感染、カビの感染、免疫異常、腫瘍性、精神的な要因など原因は多岐に及びます。

痒みの症状が飼い主様が最も気づきやすいものと思われます。そして最も痒がっている場所をよく見てみると、皮膚が赤くなっていたりかさぶたが出来ていたり、フケが多く出ていたり、場合によっては動くものが見えてしまったりと...💦

KIMG0670.JPG

この猫ちゃんは痒みは強くはないものの、写真のようなかさぶたが広がってきてしまったということで来院されました。

検査の結果、皮膚糸状菌というカビが検出されました。このカビは伝染性がある為、同居の猫ちゃんにも類似の症状が見られ、その子も同じ病気でした。

KIMG0297.JPG

このワンちゃんは、両腋周辺を主に痒がり、その他にも全身的に(足先やお尻周り、顔など)痒みが見られていました。しかし、背中にはあまり病変が見られません。各種検査の結果、アレルギー性皮膚炎と診断し、治療を行っています。

写真はないのですが、今年の夏はノミの大量寄生によるノミアレルギー性皮膚炎のワンちゃん・ネコちゃんが何件か見られました。毛をかき分けて地肌を見ようとすると、さぁーーーと動くノミが...不謹慎ながら、「となりのトトロ」の「まっくろくろすけ出ておいでー」のくだりを想起してしまいました。

飼い主様やご家族様にも痒みが見られているため、お家に入り込んでしまったノミを駆逐するのは相当大変な労力となります。「室内飼育でお外にはあまり出ないから、まさかノミがいるとは思わなかった」とほとんどの方が仰っていました。どのような隙をついて虫が侵入してくるかはわかりません、予防できるものなので、しっかりと皆さんにも予防を行っていただきたいと強く願うものです。

KIMG0638.JPG

このワンちゃんは、腰~お尻あたりに大きな皮膚病変ができてしまい、毛が抜けてしまいました。皮膚も非常に赤々しく、痒みや痛みも大分あったと思われます。しかし元々の性格が我慢強い子、診察時に病変部を調べるときもちょっと迷惑そうな表情はしていたかもしれませんが、大人しく検査に協力してくれました。

一般的な皮膚検査を行い1週間ほど内服による治療を行いましたが改善の兆候が全くみられなかった為、皮膚組織の一部を採取して検査する組織生検を行いました。その結果、皮脂腺炎という免疫異常に因る珍しい皮膚病という事がわかりました。皮脂腺炎の治療開始することで症状は改善がみられ、

KIMG0695.JPG

まだ抜けてしまった毛が生えそろうには時間がかかりますが、赤みやただれ、痒みも今は落ち着いており、治療を継続しています。頑張っていこうね!!

皮膚病はぱっと見でわかるものもあれば、そうでないものもあります。症状は類似しているけれども最初に疑った疾患とは全く違うというケース(皮脂腺炎のワンちゃんがそうでした)もあります。原因によって治療のアプローチ方法は勿論変わってきますので、なかなか治らない皮膚病変や長く続いているものなどは、積極的な検査を行って原因を調べていく事をおすすめします。



2019年の七夕飾り


今年は諸般の都合により、毎年七夕の時期に実施していた当院があります商店会のイベントは残念ながら行われません。

イベントの実施はありませんが、病院は外側に向けてのみになってしまいますが、例年のように七夕飾りをしています。

KIMG0677.JPGKIMG0680.JPG

今年の七夕当日は天の川が見れるかかなり怪しいお天気状況ですし、雨続きでジメっとした気持ちになってしまうかもしれませんが、気持ちを上げて長梅雨を乗り越えましょう!!

先日、避妊手術の依頼を頂いた6か月のワンちゃんですが、手術前の診察で鼡径ヘルニアが両側に見つかりました。

鼡径ヘルニアは放置しておくと最悪は腸や膀胱が入り込んでしまい、壊死を起こしてしまう事もあります。

鼡径輪という血管や神経を通す穴があるのですが、そこが広がってしまったりして本来は出てはいけないものが出てしまうのが鼡径ヘルニアです。多くはお腹の中の脂肪であり、膨らみを押したり姿勢を変えたりすると膨らみが引っ込み、そしてまた出てきてしまいます。

KIMG0674.jpg

写真だとわかりづらいですが、丸で囲んだ部分がふっくらとしています。

今回は避妊手術の際に同時にそちらの整復も行い、また乳歯も沢山残っていたので一緒に行いました。

鼡径ヘルニアや臍ヘルニア(いわゆる"でべそ")、そして乳歯遺残も若齢の早い内に対処しておくことで将来的なリスクや弊害の抑止・低減につながりますので、気になることがありましたらご相談下さい。



唾液腺嚢胞の猫ちゃんの一例


唾液は食べ物の消化に大きく関わっているという事はご存じの通りと思われます。特に炭水化物を分解するアミラーゼという消化酵素を含んでいますので、「お米を噛んでいると甘くなってくる」というのはお米のでんぷん質がアミラーゼによって分解されて、糖の一緒であるブドウ糖に変化するからです。こういったように食べ物を消化酵素の力で体に吸収しやすい形へ変化させる役割があります。

その他には、細菌の繁殖を抑える働きをもった各種の酵素を含んでいます。「唾をつけておけば治る!!」というのは昔から存在する金言ですが、強ち嘘でもないですが、かといって絶対的に正しいわけでもなくですが...ちょっとした擦り傷程度ならばよいかもしれませんが、傷口に唾の治療の過信は禁物です。

犬猫に関していえば、傷口を舐める事で良くなることは一切ありませんので、先程の金言が動物には決して当てはまらない事をご理解下さい。大抵の場合は、傷が化膿したり広がったりしてひどくなることがほとんどです。

他にも唾液の役割は様々(虫歯・歯石の予防、口の乾燥防止、食べ物の輸送などなど)です。この唾液を作り出して分泌する唾液腺というものは、複数存在します。

犬猫においては、下顎腺・舌下腺・耳下腺・頬骨腺という主に4つの唾液腺があり、それらが左右に存在します。

今回の猫ちゃんの病名である唾液腺嚢胞とは、この4つの唾液腺の何れかあるいは複数が何らかの原因で損傷してしまい、本来は口の中に規律的に分泌される唾液が別の場所に漏れだしてしまい、唾液が貯留してしまうものをいいます。

何故損傷して漏れ出してしまうのかの原因は不明なことが多く、ケガや事故などによる事もありますが、ほとんどは何故そうなってしまったのかがわからず、気づいたら溜まっていたというケースがほとんどです。

どの唾液腺が損傷するかによって、以下のように分けられます。

KIMG0667.JPG(インターズー ステップアップ犬と猫の臨床歯科 より)

唾液腺嚢胞は、その多くが犬に発生します。今回は猫ちゃんのケースとなりましたが、個人的な経験では猫ちゃんの唾液腺嚢胞は初めてでした。

唾液腺嚢胞の治療は、溜まってしまった唾液を針を刺して吸引する事で緩和処置が可能です。しかし、一時的に貯留したものが無くなっても近い内に再発してしまう事が大半です。中には数回の吸引を繰り返している内に再発しなくなるケースもあります。舌下粘液嚢胞や咽頭粘液嚢胞などは鎮静処置などを施さないと吸引する事が困難な事もあります。

再発を防ぐ目的での治療としては、問題となっている唾液腺を切除する事です。

粘液嚢胞の多くが舌下腺の損傷に起因しているため、この唾液腺を目的に切除します。しかし、舌下腺は下顎腺という別の唾液腺に付随していて境界線が不明瞭な為、下顎腺と舌下腺の両方を摘出する事が一般的です。

舌下腺の損傷部分がどこなのかはほぼ判別不能な為、「なるべく唾液腺の奥の方で切除する」ということになります。

今回の猫ちゃんは、朝気付いたら腫れていたとの事でした。特に本人が気にする様子はなく、何か怪我を負うような事も一切ありませんでした。

数回の吸引抜去を試みましたが、何れも1週間以内で再貯留してきてしまう為、唾液腺の切除を行いました。

InkedKIMG0661_LI.jpg

線で囲った部分が唾液が貯留して腫れている部分です。

KIMG0662copy.jpg

上が切除した下顎腺(左側)と、舌下腺(右側に小さくくっついているもの)になります。(セピア色に加工しています)

KIMG0664.JPG

術中に貯留していた液体を吸引しました。約9cc程貯留しており、以前には最大で15cc貯留していました。

手術により治癒する事が多いですが、再発の可能性が完全には払しょくできないため、今後も経過を見ていく必要性があります。

あまり遭遇する機会の少ない猫ちゃんの唾液腺嚢胞でした。



血液健康診断のご利用&輸血ドナー登録へのご協力ありがとうございました


3月初めから5月末まで実施しました、「春の血液健康診断キャンペーン」におきまして多くの方にご利用いただき、ありがとうございました。

健診を実施しましたワンちゃんネコちゃんの内、約20%の子には何らかの異常所見が認められました。異常所見といっても全てがすぐに治療が必要ということではなく、即時に追加検査や治療介入が必要なケース、間隔を空けて再検査を行うケース、定期的なモニタリングを推奨するケースなど様々です。

血液検査は万能ではありませんので、「血液検査が大丈夫!!≠問題が全く無し!!」、「血液検査で異常が(例:肝臓の数値が高い)出たから、その臓器の病気だ!!」とはなりませんが、『少なくとも血液検査に異常が見られた!!=注意しておくべき点がある!!』という事になりますので、結果に基づいて今後の方針を策定する足掛かりになります。

若い年齢でも中高齢の子でも、こういった機会を是非ご活用いただき、健康管理にお役立ていただきたいと思います。

年齢でみるとやはり中高齢の子に大小の検査上の異常が認められる割合が多いものでした。年齢的な代謝機能の低下や、持病の継続などによるものもありますが、特に病気の兆候が認められない外見上大変元気な子でも「おや!?」というような事もありました。

「この子は歳だから、血液検査をすると何かしらの異常が出てしまうだろうからそれが怖くて...」と仰られる飼い主様もいらっしゃいました。知らなければ良かった、という事は世の中には確かにあるかもしれません。しかし、年齢と共に体が衰えてきてしまうのは自然の流れで、ではその結果生じる可能性のある病気などにより健康状態や余命などがどのようになるのか、心構えも含めてやはり備えておくことは大事ではないかなと思います。先にお話ししたように、決して異常値が出たからすぐに治療しなきゃならないという事ではなく、その子の状態・見つかった異常・今後の先行きによってアプローチは様々です。

人も動物も寿命が長くなりましたが、よく言われているのは「健康寿命を長く」という点です。動物にとって、食べる・寝る・遊ぶを最大限まで保って過ごせるようにしてあげたいものですね。

今回の健診をご利用いただいた方の中でお一方、当院の血液ドナー登録にご協力いただきました。

w.t.jpg

トラオちゃん、というお名前の凛々しいお顔な男の子の猫ちゃんです。

ドナー登録にご協力いただく際には、血液型検査を含む各種血液検査、一般健康チェックはサービスで実施させていただきます。ご登録後、実際に輸血の際にドナーとしてご依頼させて頂く事は非常に少なく(最大でも1頭につき半年に1回まで)、出番がない事の方が多いかもしれませんが(その方が良い事なのですが)、トラオちゃんのようにいざという時にご協力いただける方がいて下さることは非常に有難く、頼もしいものです。飼い主様とトラオちゃんには非常に感謝致します。

当院では随時、輸血ドナーにご協力いただけるワンちゃんネコちゃんを募集しております。

詳細はhttp://well-ahp.com/2017/09/post-29.htmlをご覧下さい。

宜しくお願い致します。



副腎皮質機能低下症(アジソン病)のワンちゃんの一例


副腎とは左右の腎臓の横に存在する、小さな臓器です。

皮質と髄質という2層に分かれており、体に非常に重要な役割を果たす各種のステロイドホルモンを作り出して分泌します。

2018101801層状構造となっており、それぞれから異なるホルモンを作り出しています。皮質は3層に分かれ、各層から糖質コルチコイド、ミネラルコルチコイド、性ステロイドを作り出します。髄質はアドレナリン、ノルアドレナリンといったホルモンを分泌します。

「ステロイド」という言葉を見ると、悪い印象を感じられる方も少なくはないですが、生体にとってステロイドホルモンというものは必要不可欠なものです。過不足無い状態であることが正常であり望ましいことなのですが、これらのバランスが崩れてしまう事で様々な病気になってしまいます。

ステロイドホルモン(主に糖質コルチコイド)が過剰に作り出されるようになってしまう病気が副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、対してステロイドホルモン(糖質、ミネラルコルチコイド)が作り出されなくなってしまう病気が副腎皮質機能低下症(アジソン病)です。

今回のワンちゃんは、2歳の避妊済みのウェルシュ・コーギーの子で、アジソン病と診断した子の例です。

アジソン病は副腎からステロイドホルモンを作り出す機能が低下してしまい様々な症状を引き起こします。しかし、飼い主様が気づかれる症状としては食欲不振や元気消失、筋力の低下、下痢や嘔吐といったよく見かける症状が主なもので、『この症状が見られたからアジソン病かもしれない!?』となるケースはほとんどないでしょう。

ペットホテルや来客、旅行などの環境変化といった何らかのストレスが加わったかもというイベントの後に毎回体調を崩したりするような場合はアジソンの可能性が考慮されます。しかし、精神的なストレス負荷後に体調崩してしまう子も沢山いる為、あくまで可能性としてであり、特徴的な症状として結び付ける事は難しいです。

今回のワンちゃんは、一過性の下痢の後に食欲不振が続き、その後は頻回の嘔吐と元気消失を主訴に来院されました。この主訴だけですと胃腸器疾患を第一に疑います。少し気になる症状としては、排尿量が多いという症状がありました。

嘔吐の回数があまりに多い為、胃腸器疾患、とりわけ腸閉塞などを疑いながら各種検査を進めていきましたが、どうにも胃腸器系には大きな問題は見当たりません。検査から胃腸器系が主な原因ではなさそうな点、そして血液検査結果からアジソン病の疑いを強く持ったため、アジソン病かどうかを確かめる検査を行いました。その結果、入院翌日にはアジソン病という確定が得られたのでその治療を開始したところ、みるみる元気さを取り戻してくれました。

今現在は定期的な検査を行いながら投薬による管理を自宅で行ってもらっています。アジソン病は残念ながら完治する病気ではない為、一生涯に渡って投薬による治療が必要となってしまいます。しかし、投薬管理が順調ならば日常生活は他の健康な子とそん色なく過ごせるでしょう。

何故、副腎という臓器の働きが低下してしまったのでしょうか。

アジソン病の原因の多くは、特発性の副腎委縮、つまりは原因不明です。自己免疫性破壊が原因ではないかといわれていますが、アジソン病の9割は特発性といわれます。その他には腫瘍、感染、薬剤などによる例もあります。

ようするに、アジソン病には予防方法が存在しないという事になってしまいます。

アジソン病は症状が徐々に進む慢性タイプから、急激な虚脱・ショックなどを引き起こす急性タイプ(アジソンクリーゼ)があります。今回のワンちゃんは慢性タイプでしたが、急性タイプの場合は生命の危険性が非常に高い状態となります。

予防法がない為、「何となく元気がない」「慢性的な下痢が続く」「ホテルやトリミングなどのイベント後に体調を崩しやすい」などの症状が見られる場合には血液検査を実施して、アジソンの疑いがないかどうかを調べておくことも大切です。



アクセス

鶴川街道、「市立博物館入口」信号近く

うぇる動物病院

Pあり

病院敷地内に3台駐車スペースがございます。
駐車場内でのトラブルは責任を負いかねますのでご了承の上ご利用ください。

うぇる動物病院駐車場