院長ブログ

~保護猫ちゃんのその後~


6/8に、当院で治療保護していた子猫ちゃんについてのご報告です。

当ブログでは初報告ですが、病院Facebookの方では保護時から時々お知らせさせて頂いておりました。

当院には、患者様が保護して連れて来られました。生後1か月くらいと思われる子猫ちゃん(♀)で、同じように保護した他の兄弟猫と比べて元気がない、という事でした。お腹を触診してみると、まるで"ビーズクッション"を触っているかのような、通常ではまず感じるはずのない触感。嫌な予感しかしない状態でレントゲンを撮ってみると・・・

無題.png無題1.png

お腹(主に胃)いっぱいに詰まった無数の小石がありました。ビーズクッションのような感覚は、この小石がシャリシャリと動くことによるものだったのです。

保護された時は道路の側溝にいたとのことですので、お腹が空いたあまりに手近なところにあった口に入りそうなものを次々飲み込んでしまったのかどうなのか...とにかく、胃袋全部に石が詰まっていました。腸の方にも流れており、吐いたりする様子はこの時はみられませんでしたが、閉塞を起こしてしまう可能性は十分にありました。

元気な兄弟猫は保護された患者様にお願いし、今後どうなるかがわからないこの子は当院で預かる事になりました。

来院したその日の夜に緊急手術を実施し、胃と腸の一部を切開して、中にあった異物を摘出しました。

KIMG0074.JPG

これが摘出した異物です。小石がほとんどで、その他にビニールひも、発泡スチロール片、写ってはいませんが回虫もいました。手術前の子猫の体重が500gで、摘出した石の重量は50gでした。1/10が石ということです。

KIMG0078.JPGKIMG0076.JPG

手術直後の様子です。生後1か月くらいとすると、人間では2歳くらいでしょうか。状態も良くない中で、手術は何とか頑張ってくれました。後は体力をつけて、無事に回復してくれることを願うばかりです。

KIMG0081.JPG

手術から2日目の様子です。手術翌日はさすがにぐったりしていてほとんど寝たままでした。頑張れるかなと心配でしたが、2日目には少しずつ自分で動くようになってきました。まだ点滴のみで、食事はこの翌日から水分→流動食へと徐々に量と内容を変えていきました。

KIMG0088.JPGKIMG0092.JPG

少し日が空きますが、術後8日目の様子です。既にこの時点で流動食はしっかりと食べて便通も良いものが確認できておりますので、点滴は外してお薬の服用と食事管理に移行している段階です。非常に食欲旺盛で、この時もゴハンの追加を要求している様子です。

その後、院内で体力回復を主として、保護しておりました。

保護から2週間目くらいの写真です。

KIMG0115.JPGKIMG0098.JPG

P1010022.JPGP1010024.JPG

保護してから3週間目の様子です。成長して保護時から大分大きくなりました。ケージ内では大人しいのですが、外に出すとびびりまくりで目を離すとどこかの隅っこに隠れてしまうので、捜索が大変でした。写真撮るときも外に出してますので、目と表情が思い切りビックリしています。

この時点での猫エイズと猫白血病はとりあえずは陰性。駆虫も完了です。

手術の際に、避妊手術も同時に実施しています。早期の避妊手術の実施については、各方面で議論があり、影響があるとも、影響がないともどちらとも言われております。実施するかどうかは悩むところでしたが、大きくなってから再度麻酔をかけて行うよりも今回の手術の際に同時に行ってしまう方が短時間且つ簡便で済むこと、いずれ里親さんを探してお願いさせて頂くことを考慮し、この子に関しては実施しました。(通常の避妊手術は6か月齢以降で実施しております)

1回目のワクチン接種も終わり、里親となっていただける方をご相談したところ、何名かの方が有難いことに手を挙げて頂きました。

その内のあるご家庭にて、現在トライアル実施中です。

院内の様子からすると最初はびびってどこかに隠れてるんだろうなとは思いますが、時間が経てばもともとは人には慣れている子でしたので、順応してくれると思っております。

もしかすると助からないかもしれない、という状況から見事に回復して、新しい生活の場を得ようとしている子猫ちゃん。本人の生きる気力(と、その後の食欲)が、自らの道を切り拓いてくれました。

これから先も元気で過ごしてくれることを願うばかりです。



七夕祭り、無事に終わりました!


こんにちは。ちょっと更新が遅くなってしまいましたが・・・

7/1の土曜日に商店会で実施しました地元の七夕イベントですが、皆様にご協力頂きまして無事に終えることができました。

DSCN1352.JPGDSCN1360.JPGDSCN1351.JPGDSCN1357.JPGDSCN1353.JPGDSCN1354.JPG

当日は雨がぱらついたりで不穏な空模様でしたが勢いよく雨が降ることはなく、また途中からは雨も降らなくなったので、ムシムシとした感はありましたが日差しが照ることもなくで行う事ができました。

当院では食事相談と、イベントとしての動物クイズといったちょっとした企画を行いました。

クイズは問題制作者=院長がわかりやすいかなぁと思って作ったつもりの問題が、実は難易度やや高め設定だったようで、正解率が微妙なところでした。来年度はもっとわかりやすい出題を心掛けようと反省しております。チャレンジしてくれた皆様、ごめんなさい><

当日は通常診察と並行でしたので、お祭りを存じてない患者様がご来院の際には驚かれたかと思われます。ご迷惑をおかけ致しました。

毎年7月の第一週末に当イベントを行っているので、予定通りであれば来年も同様に同時期に行われるかと思われます。

何かしらの形でまた参加するかと思いますので、その際は足を運んで頂ければと思います。



歯周疾患にて治療したMダックスちゃんの例 その2


前回に歯周病で歯の治療をした子とは別のワンちゃんになります。

今回は13歳のMダックスちゃんです。やはりダックスちゃんの歯周病は多いですね。

このダックスちゃんは、食べにくいといった症状や歯が痛そうという症状よりも、くしゃみと鼻水の方が目立つケースでした。

目の下の腫れはほとんどみられませんでした。

歯が何本か抜けたのを見たことがあると飼い主様は仰っていたので、以前から歯周病はあったものの、自然に傷んだ歯が抜けてくれた事によって、特に食べにくいなどの症状がみられなかったのでしょう。

鼻からはやや白っぽく、少し粘りがある鼻水がありました。くしゃみは連続で出るような程ひどいものではありませんでした。

お口の中を覗いてみると、上あごの犬歯には歯石が多く、歯肉もかなり傷んで少なくなっている所見がみられました。くしゃみ・鼻水の由来はこの歯が原因と考えられました。

後日、麻酔をかけてスケーリング・歯の処置を行うことになりました。

P1010025.JPG

犬歯への歯石の付着があり、本来であれば歯茎がなければいけない部分(ちょうどオレンジの紐が歯に隠れている箇所)も露出してしまっています。

この子はこの歯よりも奥側の歯は、既に全て抜けておりました。ですので、目の下が腫れてしまうという症状がみられなかったのです。でも、一体いつ頃に抜けていたのでしょうか。(抜けて部分の歯茎は全て埋まっていました)

P1010028改.png

先程の犬歯を抜歯した後になります。

歯を抜いた穴と鼻腔が繋がっており、口から棒を入れると鼻の穴から出て来てしまいます。

今まで症状として鼻水が多く、鼻血が出ていなかったのは何よりです。この後洗浄して詰まっていた汚れを除去し、縫合して穴を塞ぎます。

P1010032.JPG

縫合後になります。歯茎がほとんどなかった為、上唇の粘膜の一部を利用して塞いであります。

P1010030改.png

反対側の様子です。上の犬歯、下の犬歯、奥歯への歯石と汚れがみられます。

下の犬歯は歯茎が歯を支えられなくなり、外側に傾いていました。

これらの歯も抜歯、洗浄後に縫合しました。

P1010033.JPG

今回の処置で抜歯した歯になります。

前回のダックスちゃん同様、根本の部分まで歯石の付着・変色がありました。

上の犬歯は両側とも鼻と繋がっていた為、処置後はしばらく鼻血がみられました。

歯石処置では入院する事は基本的にはありませんが、口鼻廔の場合ですと鼻血がそれなりに出ますので、出血が落ち着くまでは(大体半日~1泊)入院という対応をさせて頂きます。

ダックスちゃんの歯周病では、食べにくそう・口が痛そうという日常の中で気づかれるような症状よりも、目の下が腫れる・くしゃみがするという症状の方でご来院されるケースが多いです。

10歳以降のダックスちゃんは奥歯に歯石が多く付着している場合がありますので一度チェックして、もしも傷んでいるようならば早めに診察・処置をされる事をお勧め致します。(高齢になると、麻酔等もリスクが心配になりますからね)。



去勢手術頑張りました!  みいちゃん編


先週に去勢手術を行いました、みいちゃんのお話です。

飼い主様に連れられて病院に来てからも、マイペースなみいちゃん。

手術前はケージ内で待機してもらっていますが、キャリーケースも一緒に入れておくと

振り返ればキャリー内にすっぽり入っていては真ん丸お尻をこちらに向けていたり

またある時は振り返るとキャリーから出てきてはこちらをじーっつ見てたりで

カメラを向けると「お?何ですか何ですか?ご用ですか?」と前に出てきてくれます。

KIMG0082.JPG

手術実施前に麻酔量を少なくする為且つ効果的に麻酔が効いてくれるように、複数の薬を混合した注射をします。

・・・ちょっと痛い注射なのですが・・・不動の構えで微動だにせず!!

少し痛みを伴うので「シャッ!」というリアクションを予想していただけに、あまりの落ち着きっぷりに良い意味で拍子抜けしました。

おかげさまで麻酔は安定しており、覚醒もスムーズ。

覚めた後にしばらく休息時間を置いてからお食事を上げると・・・完食です。お見事です。

KIMG0084.JPG

術後にお写真を頂戴しようとお部屋の前に行くと「お?私の玉取った奴だな?何か用ですかい?もう取らせないぞ?(もうないけども)」

いえいえ、みいさんのお写真を頂きたく候。

KIMG0083.JPG

「ふむ、よかろう。ならば近う寄れ」

むしろわざわざ前に出てきてくれたみいちゃんです(^^

飼い主様が夜にお迎えに来て、元気に帰って行きました。

マイペースなみいちゃん、また来てね♪

※当院は猫ちゃんの去勢手術の際には、麻酔負担軽減の為に前投与薬という複数種のお薬を混合して注射をした上で、術中はガス麻酔を行います。前投与薬を行う目的は、痛みを取り除くこと・麻酔を効果的に効くようにすること・麻酔薬の使用量を減らす事、になります。また、痛み止めも使用して術前術後の痛み緩和に努めております。前投与薬の注射がちょっと痛いのは目的と若干矛盾するところではありますが、麻酔リスク軽減の為にご理解頂きたく存じます。



歯周疾患にて治療を実施したMダックスちゃんの例  


今回は、歯石の重度の付着と口臭が認められたダックスちゃんの例です。

ミニチュアダックスは経験上、中高齢以降での歯周疾患が多く認められると感じております。

しかもその多くが、「なんだか目の下が腫れている」「くしゃみと鼻水が出る」という歯そのものの異常ではなく、別の症状でご来院され、歯の汚れの指摘を受けるケースです。そういった場合、奥歯に歯石が大量について歯肉が少なくなっていたり、犬歯の部分にも多くの歯石・ゴミが挟まっていたりします。

このダックスちゃんも、過去にも歯の病気で何本かの歯は抜けた事があると飼い主様は仰っていました。

実際に診察させていただくと、歯を見る前に両側の目の下辺り(眼窩下)が少し腫れている所見がありました。

歯そのものは、お口の中をなかなか見れなかったので詳細までは把握できませんでしたが、先程の腫れている部分の歯は歯石が多く付着し、歯肉そのものもかなり傷んでいる様子が見られました。

今後、腫れている部分に穴が開いてしまって膿が出てきたり、くしゃみ・鼻血が出てきたりする可能性も十分にありましたので、麻酔をかけてしっかりと歯石除去、必要に応じて抜歯を行う治療をご提案させて頂きました。

P1010006.JPG

麻酔をかけた後の歯の様子です。

下の奥歯に歯石・歯垢の付着がみられます。歯茎が大きく後退して、本来ならば歯をしっかりと支えないといけないのですが、歯周病の為に支えられなくなってしまっています。

上の奥歯はお話の通りに過去に抜けてしまっているものがあります。しかし、上の奥歯にも歯石が付着し、見た目よりも奥の部分まで歯は傷んでおりました。

P1010008.JPG

反対側の様子です。先程と同様に、奥歯の方に歯石の付着が多いですが、前歯の方にはさほど歯石は多くはありませんでした。

しかし、上の犬歯(牙)は状態は悪く、抜歯する必要がありました。

犬歯は根元が深く鼻のすぐ下にあるため、犬歯などが歯周病になるとくしゃみや鼻水・鼻血といった症状が続く場合があります。鼻炎と思いきや歯の問題だった、という例も少なくはありません。

P1010010.JPG

犬歯を抜歯した後、抜いた部分の穴が大きい為に縫合してあります。(見やすくする為に写真を明るく加工してあります)

歯石を取り除いた後の歯は、表面を平らに均してからフッ素コーティングを行います。

P1010014.png

今回の処置で抜歯しなければならなかった歯です。

歯の変色している部分は、表からは見えない歯茎に埋まっている部分です。

表から見える部分以上に根元の方がダメージを負っている様子がお分かりいただけるかと思います。

歯石処置は、お掃除して終了ではありません。

むしろ、これがスタート地点です。

麻酔をかけて歯を綺麗にしても、何もしなければいずれ歯石はまたついてきてしまいます。

デンタルケアは歯ブラシと歯磨き粉を使ってやらなければいけない、ということは全くありません。

勿論歯ブラシと歯磨き粉を使って毎食毎日歯磨きする事が最善なのは言うまでもありませんが、なかなかそこまで行える例はほんの僅かだと思います。

歯磨きガムを与える。ガーゼや指サック型歯ブラシなどでたまにでも歯を擦る。軟らかい食べ物よりドライフードを与える。歯に良いといわれるサプリやグッズを与えてみる。

どんな形でも構いません。できるところからのデンタルケアを始めて、それを継続しつつ、ステップアップできそうになったら次の段階へという形でやってみてください。

継続は力なり!

ですが、継続できる範囲で先ずはやっていきましょう!

※当院では歯石処置に関しては麻酔下で実施しております。

無麻酔下での歯石除去は、歯の表面に付着している歯石の除去は可能ですが、歯周ポケットや歯の裏側などの表から見えない部分の歯石や汚れは除去する事が出来ません。犬猫で歯周病を引き起こす細菌は主に歯周ポケットの中に存在しています。

また、無麻酔下では当然ながら動物が動きますので、徹底した歯石除去がどうしてもできなくなります。協力的で慣れている子であれば可能な場合もあるかと思いますが、ほとんどのケースは動物が嫌がったり飽きてしまったりで、結局はがっちりと保定しながらやる事が多いと感じます(個人的に)。その後、仮に歯が綺麗になったとしても歯磨きなどのデンタルケアを行う際に口周りを触らせてくれなくなってしまっては元も子もありません。

ですので、しっかりとした歯石除去をする為・動物が歯の処置自体を敬遠しないよう無理矢理やらないように、という方針の元で歯石除去は麻酔下で行っております。



アクセス

鶴川街道、「市立博物館入口」信号近く

うぇる動物病院

Pあり

病院敷地内に3台駐車スペースがございます。
駐車場内でのトラブルは責任を負いかねますのでご了承の上ご利用ください。

うぇる動物病院駐車場