ブログ

鼠径部潜在精巣のワンちゃんの去勢手術


犬の睾丸は、生まれる前にはお腹の中にあります。

生後にお腹の中にある睾丸が、陰嚢という袋の中に向かって移動していきます(精巣下降)。

一般的には生後3か月以内には陰嚢内に収まりますが、遅くとも生後6か月には下降していなければなりません。

しかし、何らかの理由によりこの睾丸が陰嚢に下降せず、定位置でない場所に留まってしまうことがあります。

これを潜在精巣又は陰睾と呼ばれます。

原因は、遺伝的要因と言われております。

潜在精巣にはその場所により、腹腔内あるいは鼠径部に見られるのが一般的です。

潜在精巣だった場合に、注意しなければならない点があります。

先ず一つ目は、定位置にない精巣は生殖能力を有してはいません。腹腔内の精巣に関しては委縮してしまい小さくなっていることがほとんどです。鼠径部の場合は生殖能力を有している場合もありますが、基本的に潜在精巣が遺伝性のものですので、潜在精巣の子を繁殖に用いることは好ましいことではありません。

二つ目は、潜在精巣は将来的に正常位置に睾丸があった場合と比較して腫瘍化する確率が非常に高くなります。

精巣に発生する腫瘍は「セルトリ細胞腫」「精細胞腫(セミノーマ)」「間質細胞腫(ライディッヒ細胞腫)」の3つです。

どの腫瘍でも潜在精巣の場合はその発生率が上昇します。中には腫瘍化することで大量のホルモンを分泌するようになり、不可逆的な骨髄抑制による貧血や免疫低下、リンパ節や肺への転移なども引き起こします。

上記二つの点から、潜在精巣であった場合に睾丸を残すメリットは非常に低く、むしろ将来的なデメリットが高くなります。

全ての例で腫瘍化するわけではありませんが、腫瘍化してから手術を行う事は様々な弊害を引き起こしている事が多く高齢の事が多いためリスクは上昇します。

そういった事態を避けるために、遅くとも1歳の時点で睾丸が定位置にない潜在精巣の場合には必ず去勢手術を行う事を強くおすすめします。

今回のワンちゃんは、両側の睾丸が鼠径部で留まってしまった例です。KIMG0556.png

睾丸の大きさは左右とも同じ大きさで、お腹の中からは出てきているので委縮して小さすぎるというものではありませんでした。

鼠径部の場合は、睾丸がある部分の皮膚を切開して摘出するのが一般的ですが、このワンちゃんは睾丸を移動させることで通常の去勢手術を行う時のように1か所の術創で摘出する事ができました。

腹腔内の場合は、避妊手術のように開腹しての睾丸摘出となります。

KIMG0557.JPG

絆創膏の下に1か所の術創で、1週間後に抜糸を終えて終了です。

去勢手術は必ずしも行わなければならない手術ではありませんが、潜在精巣の場合の去勢手術は必ず若い年齢の内に行うようにしてあげてくださいね。



ペットホテルご利用中のめいちゃんです☆


天気が不安定で、雨が降ったり止んだり、いきなり強まったり晴れ間が出たりと、本当に天気の予測が昔に比べて難しくなりましたね。

天気が悪い為、今日はちょっと病院も時間が空いてしまっています💦

空いてる時間を利用して、お泊りに来ているジャックラッセルのめいちゃんと院内で遊びました。

天気が悪く外に散歩に行けなかったので、ストレス発散!!

しばらく院内を走り回った後に、オヤツのご褒美です。(※アレルゲンフリーの院内にあるものです)

KIMG0632.JPG

「あら、何かくれるのかしら。ちなみに私は昨日誕生日だったから、プレゼントは当たり前よね」

たいそうなプレゼントでなくて恐縮ですが、ちょっとしたものですが...

KIMG0634.JPG

「・・・これっぽっちなの?」 という表情に見えなくもないですね。

KIMG0638.JPG

しっかりと"待て"ができてからの・・・

KIMG0641.JPG

"よし!!"でいただきますの流れ、お利口さんです。

KIMG0649.JPG

「量は少ないけども、まぁまぁおいしかったわ」

お気に召していただけたのならば何よりです♪

雨が止んだタイミングでもって、お散歩に出かけられといいね!



2018年七夕イベントのご協力ありがとうございました


7/7(土)に予定されていました、商店会の七夕イベントは無事に開催する事ができました。

懸案事項でありました大雨ですが、当地域では前日の夜に雨が見られたものの、長く続く事はなく、雨量も多くはありませんでした。西日本方面では甚大な被害を招いた今回の豪雨でしたが、関東では雨の影響は強くはみられなかったようです。

イベント当日は曇り空でしたが雨がぱらつくこともなく、時折日差しも差し込んでは蒸し暑ささえ感じるようでした。

当院前にてお囃子の出し物があった為、音に緊張したり怖がってしまったりしてしまう子もいたと思います。

また駐車場の変更や、当院のイベントと同時進行での診察であったために患者様には多々ご迷惑をお掛けいたしました。

この場を借りて、お詫び申し上げます。また、イベント実施へのご理解とご協力を頂きましたこと、感謝申し上げます。

地域の方々が楽しんでいただけることに、細やかながらお手伝いができたのであれば当院としても嬉しいです。

KIMG0624.JPGKIMG0626.JPG



7/7(土曜日) 七夕イベントに伴うお知らせ


7/7(土曜日)の午前10時~午後2時まで、当院を含む商店会の七夕イベントが実施されます。

荒天の際は翌7/8(日曜日)に順延となります。

当日の診察は午前・午後ともに通常通りに行っております。

ただし、当日は病院前の人の往来が多くなり、特に子供たちが沢山います。

病院前の駐車場スペースが利用不可となる為に、お車でのご来院の方は別の場所にお借りしている駐車場へ停めて頂くことになりいます。

臨時駐車場に関しては下記の図をご覧ください。他の店舗様との共同使用となり、また近隣幼稚園様の駐車場をご厚意にてお借りさせてもらっていますので、他のご利用の方へのご配慮をお願い申し上げます。

fc1d53ec1786ca9822c7d24d2c8b529d6e8162e2.png

何かとご不便をおかけする事となり大変申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご協力をお願い致します。



子宮疾患疑いの猫ちゃんの一例


子宮に関連する疾患は色々とありますが、遭遇する機会があるのは子宮蓄膿症や子宮水腫、子宮内膜炎、子宮筋腫などがあります。

このうち子宮蓄膿症は、避妊をしていない犬猫の中高齢以降に多く見られる疾患の代表例です。

発生率に関しては諸説ありますが、統計データの一つでは10歳以上では4頭に1頭に発症のリスクがあるという報告もあります。

年齢が上昇するに伴って発症のリスクも上昇していきます。

多くは7~8歳以上のシニアの年齢に入ってからが大半ですが、4~5歳くらいでの発症も見かけることが多くあります。

子宮蓄膿症は、発情出血の後の2か月間に発生しやすくなります。発情に伴うホルモンの変化で免疫力が低下してしまい、その影響で細菌感染が起こってしまう事が原因です。

また発情以外でも、卵巣の疾患でホルモン異常を起こしていたりしても同様に発症を招いてしまう事もあります。

症状が急激に出る場合と、ゆっくりと進行していく場合とあります。

よく見られる症状は食欲不振、元気消失、発熱、嘔吐、陰部からのおりものの増加、飲水量・排尿量の増加、腹部の膨満などがあります。特に陰部からのおりものに関しては、この症状が見られて未避妊の場合には子宮蓄膿症が第一に疑われますが、これは開放型というもので、おりものの分泌が見られない閉鎖型もあります。後者は気づくのが遅くなりがちで、症状が重篤化しやすい傾向にあります。

重症化すると、敗血症、腎不全、播種性血管内凝固症候群、多臓器不全を起こし、最悪は亡くなってしまう例もあります。

診断には血液検査、レントゲン検査、超音波検査を用いて行われます。

そして治療方法の第一選択は、外科的に膿が溜まっている子宮と卵巣を摘出する方法となります。

内科的には抗生物質の投与や、アリジンという注射(※当院に現時点で取り扱いはありません)による治療などがありますが、何れも再発する可能性や効果が認められない場合もあります。根治的な解決策としては外科手術が最も確実です。

但しあまりに状態が悪すぎたり、他疾患の為手術が適応できない場合には内科的な治療法も選択肢として挙げられますが、外科介入による治癒が期待できる場合に内科治療を選択される事は推奨されません。

手術前の状態があまり悪すぎない場合では、術後2~3日以内に体調が回復してくる例も多くみられます。

さて、今回ご来院されたのはネコちゃんで、元々は野良ちゃんでしたがお家で飼育されるようになり、推定4~5歳くらいとの事でした。2~3日前からの食欲不振と、鼻水・くしゃみを主訴にご来院されました。

しかし来院時に目についたのは、重度の脱水と体温の低下、意識の低下でした。

特に脱水に関しては緊急性を要する程だったため、即入院して点滴治療を行う事になりました。

治療と並行して検査を進めていくと、陰部周りに血様の分泌物が乾燥して付着している様子が見られました。おりものの排出は入院中も継続していました。

KIMG0566.JPG(シーツに付着した分泌物)

レントゲン検査では子宮が腫れている様子が窺え、避妊をしていなかった点から子宮蓄膿症を第一に疑いました。

では超音波検査で子宮を見ると...おや?膿が溜まっていない?子宮蓄膿症の場合、子宮内に膿が貯留している画像所見が多いのですが、今回に関しては膿が溜まっている様子が見られません。開放性の場合、膿が排出されることで貯留してる所見が見られないという場合はありますが、何だか腑に落ちません。

ですが子宮が異常な腫大を起こしている所見があり、子宮に問題が起きていることは確実でした。

血液検査では白血球の著しい増加が見られました。持続的な排膿出血のため貧血もあります。

子宮蓄膿症又は子宮内膜炎・子宮腫瘍などからの排膿出血と判断し、脱水状態を含む体力の回復を2日ほど待ってから外科手術を行いました。

KIMG0564.JPG

今回の手術で摘出した子宮と卵巣になります。

通常の子宮はもっと細く、ぼこぼこと膨らんでいる事はありえません。

外見上では卵巣は左右共に異常はなく、子宮蓄膿症の多くがホルモン異常などを起こしている事を考えると、今回の例は子宮そのものの異常(子宮内膜炎は腫瘍など)が引き金となったと考えられました。

手術翌日からは自分で食事を食べるようになり、食欲が安定化した3日後に退院となりました。

手術前からの一般状態が芳しくなかった為、今後も継続的に状態管理を見ていく必要性があります。

今回摘出した子宮の病変は、残念な事に子宮腺癌という稀な悪性腫瘍でした。

未避妊の子がすべからく子宮蓄膿症などの子宮疾患になってしまうわけではありませんが、やはり体力が衰えてくるシニア年齢になると生殖器系の病気は多く見られます。子宮蓄膿症においては状態にもよりますが、早期に疾患が見つかって治療した場合の死亡率は低いですが、DICや敗血症を伴ってしまうと非常に危険な状態となる病気です。基本的な予防は、やはり避妊手術となります。子宮蓄膿症の手術も、方法としては避妊手術と非常に類似しています。しかし、リスクは大きく異なります。

健康な状態で行う予防的な避妊手術が、最も安全性の高い予防方法となります。



診療時間

診療時間

ご予約はお電話でお願いいたします。

【午前】9:00~12:00
【午後】16:00~19:00

(12:00~16:00は手術・検査・往診時間)

定休日以外に休診になる場合はこちらでお知らせします。

カード支払い可能

カード支払い可能

当院では、MASTER・VISA・SAISON・JCBのクレジットカード支払いに対応しております。

アクセス

鶴川街道、「市立博物館入口」信号近く

うぇる動物病院

Pあり

病院敷地内に3台駐車スペースがございます。
駐車場内でのトラブルは責任を負いかねますのでご了承の上ご利用ください。

うぇる動物病院駐車場