お知らせ

動物の輸血に関して ~輸血用血液はどうするのか~


輸血を必要する時にはどんなものがあるかご存じでしょうか?

大量出血で血液が減少してしまっている時(事故、腫瘍など)

血液を自分自身で作り出せない病気の時(骨髄の病気、白血病など)

赤血球などが壊されてしまう病気の時(溶血性貧血、犬猫ではタマネギ中毒など)

出血を止める成分が不足している時(血友病、DICなど)

これ以外にも沢山、輸血を必要とする時がありますが、例として挙げてもどれも重篤な事態の時がほとんどです。

輸血は根本的な治療法にはなり得ませんが、症状の改善や緩和、治療に反応するまでの対症療法としては非常に有益です。

輸血を行ったからこそ助かるという局面も数多く存在します。

では、輸血はどのように行うのでしょうか。

輸血そのものは点滴機を用いて、静脈から投与します。使う道具は輸血用で特殊なものですが、方法としては一般的な静脈点滴と変わりはありません。重要なのは、通常の点滴であれば様々な輸液剤がありますので状況によりそれらを選択すれば良いのですが、輸血の場合はどうでしょうか?

人間においては「血液バンク」というものが存在します。

赤十字の方が、駅前やイベント会場などで献血の協力を募っている姿はよく目にされた事もあるでしょうし、実際に献血をされた方も沢山いらっしゃると思います。そうして皆様から頂いた血液を血液バンクで一括保管し、血液を必要とする病院へ届けるというシステムです。

このシステムが存在する為、人間の病院では手術や病気の際に輸血が必要になった場合にはバンクへ連絡し、治療に使用する事ができます。

輸血に使う血液、『血液製剤』には幾つか種類があります。

血液製剤.png

(日本赤十字社九州ブロック赤十字血液センター連盟HPより http://www.bc9.org/about/type)

主にこの4つが使われています。かつては全血輸血が主でしたが、現在では病気によって必要な物をだけを輸血する成分輸血が人の医療では主流となっています。病気によって使われる製剤は異なります。

しかし、こういった血液製剤には"使用期限"が存在します。製剤により期限は異なりますが、例えば全血については採血後21日間しか保存できません。冷蔵保存あるいは冷凍保存すればいつまでも保管できるというものでは残念ながらないのです。

ですので、頻繁に献血の協力をお願いしているのにはこういった"使用期限"が存在するため、常に新鮮な血液と入れ替えておく必要があるからなのです。

では動物においてのお話ではどうでしょうか。

まず人間と同じような「血液バンク」というものが存在しません。血液を一括保管・管理、輸送する機構は残念ながら国内にはありません。

では動物が輸血を必要とする場合にはどうするかというと、ほとんどの個人動物病院または大学病院を含む二次診療病院では以下のような方法を行っています。

①病院にて供血(ドナー)となる犬や猫を飼育し、その子達から血液をもらう

②病院の患者様や、輸血を必要とする動物の飼い主様のお知り合いの方など、ボランティアで協力して頂ける子から血液をもらう

③同居動物がいるご家庭では、その同居の子から血液をもらう

④血液の代替となるような薬剤を用いる

当院においては現状で供血犬・供血猫は居ないため、輸血を必要とした患者様がいた場合には①以外の方法を取るしかありません。それが叶わない場合は、輸血用血液を手配できる別病院様にお願いさせて頂く事になります。

④に関しては、輸血の代替となって同等の効果を発揮してくれる薬剤があればそれにこしたことはないのですが、輸血が必要な状況に至ってはやはり輸血そのものに勝るまたは匹敵する物ではありません。

では①~③において、単純に血液が必要だから「血液を下さい」「はい、いいですよ」というものではありません。

ドナーとなる子からはその体格・体重に応じて安全と言われる量の採血をさせて頂きますが、血液をもらう以上は当然ながらドナーの子の血液が減少します。言い換えれば一時的に"貧血"が発生します。

また採血には時間を要しますので(10~15分位)、その間は動かないよう大人しくしていてもらう必要性があります。採血自体も動物にとっては不快でしょうし、更にそのままじっとしてもらわなければならないのでストレスは相応に感じてしまうことでしょう。

こういった事が必然的にある為、なかなかドナー協力が少なくなってしまっているのが現状です。

しかしこれはドナーとなる飼い主様からすれば、協力はしてあげたいけども負担がかかってしまうのは・・・とご心配になられるのは、家族の一員として過ごされていらっしゃるのですから当然かと思われます。

ですがそこを踏まえた上でも、皆様にお願いをさせて頂きたいのです。

輸血のドナー登録を、お願いさせて頂きたいのです。

(次記事へ続きます)



8月 院長のみ対応の日のお知らせ


8/30(水)~9/2(土)までの期間は、病院内は院長一人のみの対応となります。

診察、お会計までにお時間を頂く事が多々あるかと思われます。

また、診察においては飼い主様のご協力を頂く場合があります。

検査内容によっては後日に延期させて頂く場合もございます。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、予めご理解とご協力をお願い申し上げます。



7/1(土) 商店会七夕祭りに関するお知らせ ー駐車場について


今週末の土曜日7/1に、当院が所属します地元商店会の七夕イベントが行われます。

時間は朝10:00~午後2:00までとなります。

当日雨天の場合は決行ですが、荒天の場合は翌日に順延となります。

当日は駐車場スペースとしております当院前を、イベントスペースとして商店会と当院で使用する関係上、駐車場としてご利用していただくことができません。

臨時駐車場.png

病院から少し離れてしまいますが、上記場所に臨時駐車場をご用意しておりますので、お手数をおかけいたしますがお車はそちらへお停めいただきますようお願い致します。他店舗様の駐車スペースと共同利用となりますので、駐車場では多くの方が入れますようご配慮いただきたく存じます。

当日はイベントに足を運ばれる近隣の方々、子供達も多くおりますので、お車でのご来院の際は十分にお気をつけて頂きますよう、重ねてお願い申し上げます。



7/1 商店会七夕祭りに伴うお知らせ


7/1(土)午前10:00~午後14:00に、当院も所属します地元商店会の七夕祭りが催されます。

荒天の際には翌日7/2(日)に順延となります。

当院もお祭りに伴いまして「犬猫無料食事相談会」「子供達限定クイズ」のイベントを行います。

イベント実施中ではありますが、診察業務を優先させて頂きます。

当日午前中の診察は通常通りに行いますが、多くの人と車の往来が予想され、例年子供達が沢山お祭りに参加されるとのことですので、特にお車でのご来院の際は十分にお気をつけていらしていただきたいと思います。

午後の診察も通常通りの時間帯で行っております。

混雑を避けるために、実に勝手ではございますが7/1はなるべく午後診察時間のご来院をお勧めいたします。

7/1午前診察時間にご来院の際は、事前にお電話にて混雑状況のご確認またはご予約をしていただくと、お待たせするお時間を短くできるかと思われます。

また駐車場に関してですが、病院前の駐車スペースはお祭り開催時間中はイベントスペースで使用するためご利用できません。近隣の幼稚園様に臨時駐車場をお借りしますので、ご迷惑をおかけいたしますがそちらにお停めいただくようお願い致します。(場所は後日ご連絡・ご掲示させていただきます)

患者様には大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

何卒、七夕祭りイベントにご理解ご協力賜りたく存じます。




アクセス

鶴川街道、「市立博物館入口」信号近く

うぇる動物病院

Pあり

病院敷地内に3台駐車スペースがございます。
駐車場内でのトラブルは責任を負いかねますのでご了承の上ご利用ください。

うぇる動物病院駐車場